プロフィール

grandma yuu

Author:grandma yuu
ご訪問ありがとうございます!『Grand・Ma(グランマ)』です♪
3人の子育てをしたフォトグラファー”グランマ”が、貴女のマタニティーライフを一生の記念になるよう、お手伝いいたします。
media:2009/12 メーテレ「UP」特集
  2010/02 東海TV 「イイこと!」
  2011/12 CBC 「イッポウ」特集

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今から40年前にさかのぼります。
フォーククルセダーズというフォークバンドがあり「帰ってきた酔っぱらい」という
テープレコーダーを逆さに回した非常に面白く日本中が聞いていて グランマも試験勉強中*オールナイトにっぽん*という深夜番組で今か今かと待っていたのを思い出しました聞かない日はないくらい流行って一年後に解散・その中の北山修さんは学生に戻り精神医学の先生になられたことは聞いてましたが一切マスコミに出なかった氏がここ4回にわたりNHKにもうびっくり!七三分けは変わりませんが素敵な白髪の九大の教授として教壇に立たれてました。

とても興味深い講義でもう一度聞いてみたいと思いますがその中で

母は自分を写し出す鏡であると 母と子は二者間「内」交流で共に眺め、共に思い

情緒的・身体的交流が大事ですと例えば子を抱きながら「この花きれいねー」とそんな時間が沢山必要です

と話されてました。絆を保ち子との信頼が生まれ安心でき情緒が安定するのでしょうね

「あのすばらしい愛をもう一度」の作詞者でもあります。

グランマも学生時代ペアを組みギター片手によく歌いました

懐かしく楽しみな講義(省略され残念でしたが・・・)でした。



先週はピアノの発表会の撮影でした

幼稚園から高校生迄一生懸命鍵盤に向かう姿に

グランマも心の中で応援しながらシャッターを切りました

来月予約を頂いている下見に行ってきました。

名古屋とは思えない素敵な森の借景のある「山のホール」

管理がさぞ大変ではと このような景色を見せて頂き感謝の限りです。
プラハで音楽の先生をされている方のホームコンサートに行ってきました

芸術は楽しむためなのですが チェコでは昔、政治的圧力により国民のよりどころが

芸術で、生きる糧でもあったようです。今では町中に音楽がオペラが低価格で鑑賞できるそうです。

なんてうらやましい限りですね!芸術は決して一部の人のものではなく庶民の中にと

思っているグランマは是非プラハにはまってみたいです

ギターがこんなにも繊細でやさしい音色かと驚き 心たおやかに癒されました。

Mさんのお人柄でしょうか・(皆さんでヒュー・グラント似と盛り上がり)

スイスの身障者施設でお仕事されていた時に知り合った奥様のご自宅に夏期休暇で帰国され

国際交流に関わられているお母様のお手伝いもあり 出前コンサートもして頂けます

クラシック・フラメンコ・日本の曲・チェコの歌(郷愁を感じる素敵な曲でした)

来年は我が家のスタジオにも来て頂きたいなー





今年の梅雨はどうしたのでしょうか?地球温暖化を感じさせられます

次に生まれてくる子供たちに過ごしやすい良い環境を残していきたいですね

仕上げを2件 お宮参りされたN 様分ーとっても可愛く元気なbabyちゃんでした

マタニティ・エコー写真(感熱紙の為時間が経つと消えていきますよ*)10ヵ月の経過を入れた

オリジナルデジタルアルバムをご注文下さいましたK 様ー消えてしまわないうちにと

小学卒業までの成長記録で おなかの中からの写真が入るとと感慨もひときわですね

仲良しK夫妻
可愛くおとなしい愛犬と楽しく撮影させていただきました
ご了解を得て・・・DSC_7294_convert_20100710001653.jpg
TVを見て感動で涙があふれ・・・
検索したらなんと名古屋市公会堂で 10日(土)に講演があります*

口は 励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう
耳は 人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう
目は 人の良いところを見るために使おう
手足は 人を助けるために使おう
心は 人の痛みをわかるために使おう

子どもはいてくれるだけで人を幸せにしてくれている

転んでも転んでもあきらめないで何度でも立ち上がって歩いてくれた。

笑顔は人を幸せな気持ちにしてくれている

人は生まれたときから 人を喜ばせる存在で

苦しい事があっても乗り越えられる力を持っている。  (抜粋)
フォトセラピー講座
ココロとカラダを元気にする写真術
写真を使って 楽しく自分を表現してみませんか
〈カリキュラム〉1:ガイダンス 
        2:私の振り返り(セルフポートレート)
        3:100のやりたい事
        4:好きなもの(フリー)
        5:「私」をテーマに作品作り

場   所;名古屋市女性会館・小会議室(変更あり)
曜日・時間:7月29日~第2・4木曜 18:30~20:00
受 講 料:3か月(5回)15.750円
申し込み先:日本フォトセラピー協会会員 河内裕子
      090-2619-3805
ブライダル撮影の帰りに丸善で開催中のミュシャ展に立ち寄りました

女性のラインがゆるやかにやさしく繊細に描かれ 本物をすぐ目の前で見れ感激!

特に朝のめざめ・(昼の輝き)・夕べの夢想・夜のやすらぎが印象的・

聖書の「主の祈り」の節ごとに文字を石版に 限定252部刷り終えたら 

石を削って次に・・・という作業を繰り返したそうです。版が残らずもったいないなー

女性のポーズ・手の使い方 とても参考になりました。DSC_7539_convert_20100704214845.jpg


7月に入りました。梅雨の中休み

今夜は久しぶりの演奏会を聴いてリラックスタイム

ウィーンフィルの首席クラリネット奏者エルンスト・オッテンザマー氏(55歳)と

その息子ダニエル(23歳)&アンドレアス(21歳)3人とピアノはトラクスラー氏

親子で演奏家・いいですね・・・立って踊るように演奏し 森の中で聴いている心地

クラリネットのいろいろな演奏方法に驚き バセットホルンの音色はほんと素敵

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを聴かないとお正月が来た気がしないグランマにとって

その演奏をこんな身近に聴けて至福の時間でした 東郷町民会館ってすごいですね*

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。