プロフィール

grandma yuu

Author:grandma yuu
ご訪問ありがとうございます!『Grand・Ma(グランマ)』です♪
3人の子育てをしたフォトグラファー”グランマ”が、貴女のマタニティーライフを一生の記念になるよう、お手伝いいたします。
media:2009/12 メーテレ「UP」特集
  2010/02 東海TV 「イイこと!」
  2011/12 CBC 「イッポウ」特集

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

リンク

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七五三のシーズンですね* 
我が家のスタジオにも可愛いお客さまにお越し頂いてます
健やかな成長の感謝と幸運を祈って神社に参拝、きっと良い記念になりますね。

三歳女児の祝い着
「髪置の祝」は「髪立」ともいって「七五三の祝」のもとの儀式で鎌倉時代より子の成長を願い行われた。
決まりはありませんが 三つ身の着物に被布という袖無しの上着の組み合わせ
初宮参りの宮参り着を直してもいいでしょう。

五歳男児の祝い着
男児が初めて袴を着る儀式で「着袴」「袴着の祝」といわれてます。この儀式は碁盤の上に乗せ行い、勝負を争う碁盤の上に乗る事で人生の様々な局面での勝利を願ったものといわれてます。
紋付羽織と袴の組み合わせ 羽織は鷹や兜のようにおめでたく勇ましい柄、熨斗目のように格調高い柄が好まれます。

七歳女児の祝い着
帯び直しの祝ー「帯解き」「紐直し」ともいわれ、それまで小児用の紐付きのきものから帯を結ぶ本式の着物に着替える女児の祝いを指します。
いろいろありますが、四つ身の着物で絵羽模様の振り袖や袂を長くした小紋も可愛いですね。祝い帯を華やかな変わり結びにして,丸ぐけの帯〆にしごき帯を巻き、ハコセコ(小物入れ)を襟元に挟みます。

七五三にはそれぞれ意味深いものがあるのですね。
日本の文化は大事に残したいですね
晴れ着も素敵ですが、何よりこだわらず子供の成長を感謝しに
たまには神社へ如何ですか
11月ですねー
babyちゃんのお誕生祝いの事が書かれていたので・・・

帯祝 妊婦が妊娠5か月目に「岩田帯」という腹帯を巻く儀式。

お七夜 誕生から7日め。この日子供の名前をつける。

お宮参り 男児は生後30日目、女児は生後32日目に氏神様に子供の無事を感謝し、今後の健康を祈る。

お食い初め 誕生後初めて子供にご飯を食べさせる行事。生後100日めに行う。

初節句 誕生した子供が初めて迎える節句。

医療の発達していなかった昔、子供を大事に育て、節目節目に成長を感謝していたのでしょうね。

方法は違っても今も受け継がれる親の思いは一緒ですね

グランマも3人とも日にちは、ずれましたが、このお祝いはしましたよ。なつかしい思い出です

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。